WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年6月21日のニュース

福知山花火大会に初の有料席 財源にして内容充実

0621hanabi.jpg
 北近畿最大規模を誇る「ドッコイセ福知山花火大会」が、今年も8月15日夜に催される。72回目を迎える今回から、会場となる由良川左岸の音無瀬橋下流河川敷に、有料観覧席が設けられる。7月1日から、指定席チケットを販売する。

 花火大会は実行委員会主催で、福知山商工会議所が主管する。6000発に及ぶスターマイン、府内で唯一の特大2尺玉、フィナーレを飾る「みんなの花火」などが夏の夜空を焦がし、例年約11万人の来場者となっている。
 
 このほど開いた第1回実行委員会で事業計画を協議するなかで、駐車場の確保やガードマンの増員、さらに一層充実した内容にするため、新たな財源確保策が課題となった。これを解決するため、他都市の花火イベントでもみられる有料観覧席の導入を決めた。

■1区画2畳分6千円 150区画を用意■

 有料観覧席は堤防沿いで、音無瀬橋下流200メートル付近から設ける。ロープなどで仕切った幅約100メートル、奥行き約6・5メートルのエリア内に150のブルーシート敷き席を用意する。1シート席は縦、横それぞれ約1・8メートルで2畳分ほどの広さ。大人、子ども合わせて6人以内が入場できる。未就学児は保護者の同伴が入場の条件となる。
 
 河川敷で凸凹があるため、座布団やマットなどの敷き物の持参を勧めている。高さが30センチを超えるいす、パラソルなどの持ち込みは禁止する。
 
 1シート席6千円。先着順で1人2シート席まで。チケットは福知山商議所内の実行委事務局で販売する。問い合わせは事務局=電話(22)2108=へ。
 
 福知山商議所では「チケットには有料観覧席の指定番号を記しており、大会当日の場所取りは不要となります。来年以降は、市外から訪れる人のためにも、インターネットを通じた販売も視野に入れたい」と話している。
 
 
写真=今年から有料観覧席が設けられる(写真は昨年の花火大会)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ