WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年6月15日のニュース

児童のプール安全確認に「命札」 美鈴小で地元の人が寄贈16年

0615inochifuda.jpg
 福知山市大江町二俣の美鈴小学校(井上須美子校長)ではプールの授業で出席簿代わりに「命札」を使っている。地域の人が手作りし毎年贈っているもので、今年の贈呈式が13日にあり、1年生全員に手渡された。

 命札は、表に名前、裏に緊急時の連絡先と住所が書かれていて、プールに持参し、授業中はフェンスにかけておく。最後に必ず持ち帰らせることで、児童の安否確認に役立てている。6年生まで毎年使う。
 
 贈呈したのは、学校近くで看板製作の会社「アートボックス」を経営する河田亨さん(52)さん。娘が入学した年から16年連続で贈り続け、とても喜ばれている。
 
 河田さんの作る命札はアクリル製で、大きさは縦15センチ、横6センチ。男子は青、女子は赤色にしている。
 
 贈呈式で、ピカピカの命札を1年生4人に手渡したあと、河田さんは「緊急事態で役に立つものだから、命札を使わなくても良いように、準備体操をしっかりして、事故のないようにしようね」と話しかけた。
 
 1年生たちは「ありがとうございます。大切に使います」と感謝。このあとプール開きがあり、さっそく命札をフェンスにかけて、楽しそうに泳いでいた。
 
 
写真=1年生はピカピカの命札をフェンスにかけて、小学校で初めてのプールを楽しんだ

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ