WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年5月27日のニュース

200ブースで1万8千人が会話弾ます 夜久野高原手づくり市

0527yakuno.jpg
 第4回夜久野高原手づくり市が26日、福知山市夜久野高原の道の駅、農匠の郷やくので開かれた。これまでは肌寒さが残る3月に催していたが、今年は心地よい緑豊かな季節に変えた。好天に恵まれたこともあり、過去最多の2倍近い約1万8千人(主催者発表)の来場者でにぎわった。

 作るを楽しむ会(衣川タカ子代表)が主催、両丹日日新聞社などが後援した。
 
 自然豊かな高原を舞台に、出店者と来場者が対面販売の手づくり市を通じて交流を深めることで、農匠の郷をPRをしたいと続けている。
 
 出店者は初回が100ブースだったが、3回目からは定員いっぱいの200ブースになり、キャンセル待ちが出るほどの人気。回を重ねてイベントは成長し、今では北近畿最大規模になった。人出が多いうえ、販売の際のやり取りが楽しく、出店者、来場者ともにリピーターが多い。
 
 今年の出店は京阪神地域を中心に遠方は岐阜からもあり、木工品、陶器、アクセサリー、家具、手芸品、飲食など様々なブースが並んだ。
 
 開始直後からたくさんの人が足を運んで、あちこちで出店者と談笑する様子が見られた。
 
 衣川代表は「今年の人出にはびっくりしましたが、楽しみにしてもらえていると思うと、やりがいがあります。出店者、来場者それぞれに喜んでもらえてうれしい」と話していた。
 
 夜久野と交流深い京都産業大学天文同好会、地元の夜久野学園8、9年生(中学2、3年生)も運営に協力した。
 
 
写真=緑豊かな夜久野高原で開かれた手づくり市が多くの人でにぎわった

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ