WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年5月23日のニュース

来年度中の法人化を−福知山観光協会 大河ドラマ誘致にも力

0523kankou.jpg
 福知山観光協会(福島慶太会長、242人)は、今年度総会を篠尾新町のサンプラザ万助で21日に開き、事業計画などを審議した。福島会長は、あいさつの中で「来年度中に一般社団法人化を目指したい」と決意を述べた。

 協会は今年度から、従来の市観光振興課による事務局体制を変更し、独自に事務局長らを配置する体制に変更することにし、このための総会を3月に開いた。ここで、正副会長7人の改選も行った。今回は新体制となって初の総会。初めに福島会長があいさつし、事務局は4月から局長と局員各1人を採用し、従来の局員を含む3人になり、観光案内所と合わせて5人体制になっていることを紹介した。
 
 続いて「法人化と会員の拡大、明智光秀を主人公としたNHK大河ドラマの実現−を三本柱に取り組みたい」と述べ、「観光するのは人、仕掛けるのも人。上から目線でなく、市民の視点、観光客の視点で協会の事業を行っていきたい」と方針を示した。
 
 来賓祝辞などのあと議事に入り、観光宣伝や観光誘客の促進、物産振興事業の推進といった今年度の事業などを承認。主な事業としてはスイーツフェスティバル実施や常設の土産物販売店設置の準備、福知山お城まつり開催などを盛り込んでいる。
 
 総会のあと基調講演があり、JTB西日本地域交流ビジネス推進室の観光プロデューサー、佐藤郁子さんが「観光事業の先進的な取り組み事例と旅行業界から見た観光協会へのアドバイス」と題して話した。
 
 
写真=新体制になって初めての総会

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ