WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年5月21日のニュース

福知山マラソン:今年も11月23日に開催 実行委が決定

0511marasonn.jpg
■6月22日受け付け開始■

 福知山マラソン実行委員会(委員長・伊東尚規副市長)は、20日に福知山市民会館31号室で会合を開き、第23回大会を11月23日に開催することを決めた。今年も1万人大会を目指して「おもてなしの心」で全国ランナーを迎える。エントリーの受け付けは6月22日から始まる。

 伊東委員長が「今年も開催前後1カ月に、他市で都市型マラソンが予想されるが、特色を出して『おもてなしの心』でランナーを迎えたい。成功へ温かい支援を」とあいさつ。要項、予算を決めた。
 
 大会内容は昨年と同様で、メーンが日本陸連公認コースの42・195キロを走る定員1万人のマラソン(登録、一般、視覚障害者一般、IPC登録の4部)。ほかにサブ種目の9・3キロ、2キロ、3キロのファンランを行う。
 
 ランナー参加賞は昨年の大会で好評だった地元銘菓を採用する。新たな取り組みでは、東日本大震災被災地の宮城県石巻市に福知山市役所の職員2人が長期派遣中であることを受けて、大会会場で石巻物産展を開催する。
 
 また、大会の冠に「明智光秀ゆかりの地を駆ける!」とのキャッチコピーを付けて観光PRを図る。
 
 福知山マラソンは、晩秋の自然に富む由良川沿いを駆けるコースの魅力と、ボランティアや沿道の応援で多数の市民らが支えるアットホームな運営が人気を集める。昨年は、エントリー受け付け開始から1カ月余りの異例の早さで定員1万人に達した。
 
 
写真=昨年の大会

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ