WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年5月18日のニュース

「家族高齢化、早く解決を」  拉致被害者有本さんの両親が訴え

0518rati.jpg
 拉致被害者・有本恵子さんの両親らを講師に招いての「拉致問題を考える講演会」(実行委主催)が17日夜、福知山市篠尾新町のサンプラザ万助で開かれた。来場者らは、一刻も早い解決を訴える有本さんの話に真剣に聴き入っていた。

 有本さんの父・明弘さん(84)と母・嘉代子さん(87)が壇上に上がり講演。明弘さんは、憲法を改正し日米同盟を強化するという安倍総理の考えが、恵子さんや拉致被害者の救出を求める交渉につながるという見方を示した。
 
 憲法改正と日米同盟強化により、日米韓の同盟3国で北朝鮮と話し合いができるとし、三国同盟の結束による外交交渉の必要性を訴えた。
 
 また、嘉代子さんは拉致が国の問題として扱われるまでの苦難の課程などを話し、「(恵子は)今も元気でやっていると思っていますが、被害者の家族は高齢化してきており、一刻も早い解決を」と多くの人の協力を呼びかけた。
 
 講演会は、17日の福知山を最初に、18日に綾部と舞鶴、19日に宮津与謝と京丹後の各会場で、それぞれ実行委員会を組織して開催する。
 
 
写真=一日も早い解決を訴える有本明弘さん(左)嘉代子さん夫妻

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ