WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年5月15日のニュース

新創美術展で向山さんが最高賞受賞 足立さんは京都府知事賞

0515mukoyama.jpg
 第49回新創美術展・工芸の部に出品した西日本創作粘土協会会長の向山恭子さん(65)=福知山市額塚=の作品が、最高賞の新創美術協会大賞を受賞。写真の部に出展した日報連福知山支部会員の足立恆行さん(71)=野家=の作品も最高賞に次ぐ京都府知事賞を受けた。

 新創美術協会が主催する公募展で、京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、奈良、鳥取の2府5県などが後援している。工芸、写真、洋画、日本画、書、立体の各部門があり、全作品の中から大賞や知事賞、市長賞などの各賞が決まる。
 
 向山さんの作品「卑弥呼」は、高さ1メートルほどの大作。髪には稲、ユーカリ、アザミなどを飾りつけ、表情はりりしく、女王の気品が漂う。
 
 堅い紙粘土を使うため、のこぎりを使って想像する形に近づける作業が大変だったと振り返り「これまで出品した作品とは、がらりと雰囲気も大きさも変えたので不安もありましたが、次の創作につながる受賞になりました」と笑顔を見せていた。
 
 また、足立さんの作品「目覚め」は、フラミンゴが目を覚ました瞬間をとらえた写真。昨年9月に北海道の旭山動物園を訪れた際、じっくりとシャッターチャンスを狙って撮影した。黒い背景が、フラミンゴの朱色をより際立たせている。
0515adachi.jpg 
 足立さんは「さまざまな賞の中で、地元の京都の知事賞に選ばれ、本当にうれしいです」と話していた。
 
 新創美術展では、2年前にも向山さんが京都府知事賞、足立さんが奈良市教育長賞を受けた。
 

 
 
写真上=高さ1メートルある向山さんの「卑弥呼」
写真下=足立さんが旭山動物園で撮影した「目覚め」

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ