WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年5月11日のニュース

「ゴーヤ先生、気仙沼の友だちに届けて」 ひまわり保育園が85枚の絵託す

0511himawari.jpg
 東日本大震災で被災した保育園にプレゼントしようと、福知山市猪崎のひまわり保育園(小山たか子園長、105人)の園児たちが元気いっぱいの絵を描き、10日、支援ボランティアとして現地に向かう福知山環境会議のマスコットキャラクター・ゴーヤ先生に託した。宮城県気仙沼市立小原木保育園に届けてもらう。

 ひまわり保育園では、震災があった11年にも、ヒマワリの苗と園児たちの手紙を贈った。小原木保育園からは、その苗を育てて咲かせた花の写真が送られてくるなど、継続的に交流している。
 
 今回は、東北の友だちをさらに元気づけようと、2−5歳児たちが、動物たちと楽しく遊んでいる様子など、85枚の絵を描いた。「これからもがんばってください」といったメッセージを添え、4冊にまとめた。
 
 ゴーヤ先生は、17日から宮城県気仙沼市の仮設住宅や保育園、小中学校にゴーヤの苗を植える「みどりのカーテン支援ボランティア」として出かけることから、11年の時と同様にゴーヤ先生に預け、20日に先方へ手渡してもらうことにした。
 
 小山園長は「大きくなっても園児たちには、助け合いの心や命の大切さを忘れないでほしい。これからも小原木保育園との交流は、できる限り続けていきたい」と話していた。
 
 
写真=「東北の友だちに届けてください」とゴーヤ先生に絵を手渡す園児

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ