WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年4月26日のニュース

京都府の希少野生生物指定種「カタハガイ」発見 福知山市調査で

0426kai.jpg
 絶滅の恐れがあり特に保全が必要と京都府が希少野生生物に指定する淡水産二枚貝の「カタハガイ」が、福知山市内の川で初めて見つかった。11年度から3カ年計画で福知山市教育委員会が取り組む市天然記念物等総合調査で生息を確認した。

 総合調査は、市内の巨木や希少な動植物の生態、分布を調査して資料にまとめ、市の天然記念物にするなどで保全の方法を検討するもの。
 
 調査動物分野(山段眞彦代表)が昨年冬から今春にかけて由良川と土師川で計4回発見した。形状が似た別の貝があるが、二枚貝研究に精通する大阪教育大学の近藤高貴教授がカタハガイと確認した。
 
 カタハガイは日本固有種。殻は長卵形で平たく、直径は最大8センチに達する。西日本に分布し、府内では南部の嵐山や南丹市八木町で発見されているが、生息地が限られ個体数も少ない。由良川水系では03年に綾部市で見つかって以来になる。
 
 レッドデータブックカテゴリーは、府絶滅危惧種、環境省絶滅危惧粁爐如更に「府絶滅のおそれのある野生生物の保全に関する条例」で捕獲や所持などを禁止する24種に指定されている。指定はニホンカワネズミ、オオサンショウウオ、フクジュソウなど動物から植物まであり、貝類はカタハガイのみ。
 
 市教委は府の許可を得て、市の天然記念物指定も視野に、カタハガイの調査を進めており「身近なところに実は希少生物がいるということを市民のみなさんに知ってもらえたらうれしい」としている。
 
 
写真=福知山市内で初めて発見されたカタハガイ(市教委提供)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ