WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年4月19日のニュース

和の老舗やスイーツも 70店参加して豊岡で菓子祭前日祭

0419mushroom.jpg
 鞄のまち豊岡市が、「お菓子のまち」としてもアピールに力を入れている。20日には商店街を歩行者天国にし、和洋菓子店70店以上を集めた「菓子祭前日祭」を開く。

 市の郊外、三宅には菓祖・田道間守命を祭る全国の神社の総本社、中嶋神社があり、毎年4月第3日曜日に営まれる例大祭は和菓子、洋菓子を問わず全国から関係者が参拝している。
 
 そこで地元の菓子をアピールしようと、一昨年から行政、民間一体となって前日祭が開かれるようになり、昨年は54の店がブースを並べ大変なにぎわいとなった。
 
 ことしは20日午前10時から午後3時30分まで、豊岡駅通商店街(大開通り)で開催。市外からも出店を募り、福知山市からも人気店が参加するなど、老舗の伝統和菓子に餅、せんべい、スイーツなどいろんなジャンルの店が並ぶことになった。販売だけでなく、実演をしたり新作を提供する店も多い。
 
 また、スイーツアーティストの渡辺おさむさんと鞄デザイナーの由利佳一郎さんによるトークショー(正午から、商店街特設会場で)▽文筆家の甲斐みのりさんが集めたお菓子、雑貨、本を展示する乙女セレクト「甲斐みのりのお菓子博」(中央町、割烹寿司おさらぎで)▽京都市に拠点を置く、女性2人による和菓子創作ユニット日菓のお茶会(予約制、500円)といった菓子の世界の著名人を迎えてのイベントや各種教室など、様々な催しが企画されている。
 
 問い合わせは豊岡商工会議所、電話0796(22)4456。
 
■洋菓子の装飾で幸福感など表現 円山川公苑美術館「渡辺おさむ」展■

 活気づく菓子祭前日祭に歩調を合わせ、豊岡市小島の兵庫県立円山川公苑美術館で、洋菓子のデコレーションのような装飾アートを手がける渡辺おさむさんによる「渡辺おさむinお菓子の神様展」が20日から始まる。
 
 渡辺さんは洋菓子を作る時のクリーム絞りを使った独自の「フェイク・クリーム・アート」を確立し、スイーツがもたらす「幸福感」をカラフルに表現。美術館は「本物と見間違うほどのスイーツアートが生み出す不思議な世界を楽しんでほしい」という。
 
 会期は7月15日まで(22、30日のみ休館)で時間は午前9時から午後5時まで。大人350円、65歳以上と高校生180円、中学生以下無料。電話0796(28)3085。
 
 
写真=渡辺おさむさんのフェイク・クリーム・アート作品

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ