WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年4月18日のニュース

毎年100人超す受講者 市陸上協会の小学生教室が人気

0418rikujyo.jpg
 福知山市陸上競技協会(米井勝秀会長)の小学生陸上教室が人気を集めている。近年は参加者が開設当時の5倍の100人を超え、全国大会に出場する選手も出てきた。今年は13日から北小谷ケ丘の桃映中学校グラウンドで始まっている。10月まで行い、参加は随時受け付ける。

 児童の基礎体力向上と心身の健全な発達、競技力向上を目的に1982年に20人ほどでスタート。日本体育協会公認指導者と市陸協会員が基礎から指導している。
 
 参加者は年を重ねるごとに増え、03年で44人、06年が87人、09年以降は100人を超えている。昨年は121人で過去最多だった。
 
 今年の初日は約70人が集まり、うち15人が初参加だった。低学年、高学年に分かれてメニューをこなした。これから人数が少しずつ増えて最終的に100人を超える見込みという。
 
 米井会長は「小学生育成の下地が整ってきたと思う。陸上が好きな子が増えて、競技力の底上げになればうれしい」と話していた。
 
 教室は10月26日までの土曜日で、計11回。直近では27日、5月11日、25日。時間は各日午前9時から2時間。
 
 年間活動費500円とスポーツ安全保険料800円がいる。
 
 参加希望者は直接教室へ。雨天やグラウンドが使えない場合は中止する。
 
 教室の時間終了後には更にレベルアップを目指すチャレンジ教室が引き続きあり、そこで育った男子児童4人のリレーチーム2組が、昨年と今年の日本ジュニア室内陸上大会に出場した。
 
 
写真=参加者が増えてきた小学生陸上教室

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ