WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年4月11日のニュース

ビーチバレー:女子U21日本代表に成美高3年の石坪選手

0411isitubo.jpg 女子ビーチバレーボールのU21日本代表に、福知山市水内の福知山成美高校3年生、女子バレーボール部の石坪聖野選手(桃映中出身)が選ばれた。5月17日からインドで始まるU21アジア選手権で、自身初の世界戦に挑む。

 ビーチバレーをするために成美高に進学。入学以来ペアを組み、頼れる相棒でありライバルでもある同級生の池内文香選手(南陵中出身)やチームメートたちと、砂まみれになりながら練習に汗を流してきた。
 
 高校1年夏の全国大会で、1年生ペアとして大会史上初の8強入りを果たし、それまで全然意識していなかった「世界の舞台」が頭の中に浮かんだ。昨年には日本代表強化候補選手となり「世界」は夢から目標に変わった。
 
 3月に神奈川県であったU21日本代表選考会に参加。女子は国内精鋭の大学生と高校生14人参加し、基本練習とゲームの一次審査で6人に絞られ、更に実戦形式で最終メンバーの4人が決まった。
 
 成美高からのU21日本代表選出は初めてで、今回選ばれた4人のうち高校生は石坪選手だけ。「うれしい。両親がすごくびっくりしていました」と喜ぶ。
 
 念願の舞台とあって緊張感はあるが「硬くなると動けなくなるから、いつもの練習の成果を出せるように気負わずにいきたいです」と話し、最近はジャンプサーブに磨きをかけている。
 
 ペアは世界大会の経験がある産業能率大学2回生の鈴木千代選手と組む。
 
 成美高の松田英人監督は「素直な性格で、教えたことをうまく吸収できる選手。世界での戦いはきっと大きな経験になる」と期待している。
 
 
写真=U21日本代表に決まった石坪選手

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ