WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年3月21日のニュース

女子駅伝中止でも鬼っ子マラソン元気な足音 市内外から153人

0321onikko.jpg
 第12回大江山鬼っ子マラソン大会が20日、福知山市大江町で開かれた。昨年までは、大江山女子駅伝のサブイベントとして開催されていたが、駅伝が補助金の削減やスタッフの高齢化などを理由に終了。マラソンも存続が危ぶまれたが、子どもたちから「今年も走りたい」という声が上がり、単独で実施することに。今年も元気な足音が町内に響いた。

 有志で組織する実行委員会(荒木吉彦会長)が主催。新たな気持ちで取り組もうと、河守の町総合会館前から波美方面へ走って折り返す昨年までの順路を変更し、今回からは宮川堤防沿いを走るコースにした。
 
 小学3−6年生の男子、女子の部(3キロ)、小学1、2年生男子、女子の部(2キロ)、2人1組なら誰でも参加できるペア(2キロ)の部があり、市内外の計153人が出場した。
 
 北近畿タンゴ鉄道(KTR)大江駅前での開会式では、有仁小学校3年の荒賀麻紀斗君が「練習の成果を発揮し、最後まで走りきることを誓います」と力強く選手宣誓。
 
 このあと宮川堤防の右岸に移動し、家族らの声援を受けて、子どもたちが一斉にスタート。風を切りながらコースを駆け抜けていた。


写真=元気いっぱいにスタートする子どもたち
 
【関連ニュース】
 ・30チームがラストラン 大江山女子駅伝 2012.03
 
 ・大江山女子駅伝が次回でラストラン 補助金減、スタッフ高齢化で 2011.12

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ