WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年3月21日のニュース

きれいに光る蛍になぁれ 昭和小3年とボランティアが幼虫放す

0321hotaru.jpg
 蛍の飛び交う環境づくりを進めようと、福知山市のNPO法人昭和ボランティアクラブ(竹下正博代表)のメンバーと昭和小学校(塩見佳扶子校長)3年の児童たちが、篠尾新町の寺之下橋付近の弘法川で蛍の幼虫を放流した。

 昭和ボランティアクラブは、川の土手の草刈りや清掃活動などに取り組み、蛍の生態系を守る環境づくりを進めている。
 
 放流は、地元について学ぶ総合的な学習の一環として19日日に行い、3年生102人が参加。2−3センチほどの幼虫をみんなで1匹ずつ「きれいに光る蛍になって」と願いを込めながら、そっと川に放した。
 
 最後に、メンバーたちへ質問の時間もあり「蛍はどうして光るんですか」「大きいのと小さいの、どっちが雄ですか」などと大きな声で尋ねていた。
 
 6月10日ごろには成虫になって蛍が飛ぶ見込みで、夏にはボランティアクラブが蛍祭りを開き、みんなで観賞する予定。
 
 
写真=1匹ずつ幼虫を放した

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ