WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年3月18日のニュース

クマの出没防ごうと市民も参加 由良川河川敷で伐採作業

0318bassai.jpg
 堤防一つ越えればアパートや市のスポーツ施設。そんな市街地隣接地だがクマの目撃情報がある福知山市和久市町付近の由良川河川敷で17日、安全確保などを目的にした市民参加による立木伐採の作業が行われた。

 主催したのは国交省福知山河川国道事務所と福知山市市。河川環境整備の狙いもあり、地元の和久市町自治会や一般市民にも参加を呼びかけた。
 
 河川敷は民有地が多く、市から伐採の依頼を受けた国交省が、所有者から伐採の許可を取るなどして、作業に取り掛かる運びとなった。
 
 作業には国・市職員ら約40人のほか、地元の自治会員と福知山環境会議のメンバー、一般市民ら約40人も参加。中には女性の姿もあり、それぞれ鎌や草刈り機などを持って集まった。
 
 伐採計画は約1ヘクタールで、このうち0・2ヘクタール分を市民らが作業した。ササや大木になった桑の木などがいっぱい生えていて、簡単な作業ではなかったが、参加者らは協力して手際よく取り組んだ。
 
 今回の作業部分の隣接地ではすでに国交省の発注で業者による伐採が行われていて、作業が済んだ部分は見通しが随分良くなった。
 
 和久市町自治会長の山田宏徳さんは「クマの被害に遭う危険性が少しでも軽減され、安心できます」と、伐採の取り組みを喜んでいた。
 
 
写真=草刈り機などで作業をする参加者たち

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ