WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年3月17日のニュース

京都の大江山から石川・岐阜の白山見えた 男性が撮影に成功

0316hakusan.jpg
 福知山市大江町の大江山・千丈ケ嶽山頂(標高833メートル)で15日、約180キロ離れた石川、岐阜両県にまたがる白山(同2702メートル)を肉眼で見ることができ、登山の男性が写真撮影に成功した。条件がよくないと見られない景色で、雪を抱いた頂が空に浮かんだように見えたという。

 撮影したのは、大江町南山西部の太田哲雄さん(61)。太田さんは山登りが好きで、地元の鬼ケ城や烏ケ岳、宮津市の由良ケ嶽などで過去に白山を見たことがある。千丈ケ嶽にも何度か登ったが、これまで白山を確認することはなかった。
 
 15日は、同町北原周辺の登山道で倒木を片づける作業をしていて、天気が良かったため、千丈ケ嶽に登った。午前11時30分ごろ、2年ほど前に立木を伐採して見晴らしが良くなった山頂北側から周囲を見渡したところ、はるか遠くに白山が見えた。
 
 千丈ケ嶽から白山までの直線距離は約180キロ。この日は快晴で黄砂も飛んでおらず、視界が広がった。今の時期、白山には雪が残っていて、それが目印となって良く見えたという。
 
 太田さんは「大江山から白山が見えると、以前から聞いていました。低い山の部分は霞がかかっていましたが、高いところは澄みきっていたので、見ることができました」と喜び、「5月ぐらいまでは白山に雪が残っている可能性があるので、機会があればまた登って見てみたい」と話していた。
 
 
写真=遠くに雪の白山を確認出来た(太田さん撮影)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ