WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年3月16日のニュース

旧国鉄の花形電車183系 鉄道ファン300人が見送る

0316rasuto.jpg
 北近畿に初めて電車特急として走り、長年親しまれた183系が、JRの春のダイヤ改正前日の15日、定期運行から引退した。福知山駅では同日、ラストランセレモニーがあり、関係者や鉄道ファンら300人近くが、旧国鉄時代からの花形車両を見送った。

 セレモニーは福知山線と山陰線の特急の最終便「こうのとり26号」(城崎温泉発新大阪行き)、「はしだて10号」(天橋立発京都行き)の到着を前に午後7時から始まった。主催者を代表して、JR西日本福知山支社の土肥弘明支社長が「長年活躍し、多くの人たちに愛されてきた183系の最後の姿をみなさんのまぶたに焼き付けて下さい」とあいさつし、来賓の松山正治市長が「長い間、ご苦労さま」とねぎらいの言葉を贈った。
 
 ホームに183系の最終便が滑り込むように入ると、鉄道ファンらが一斉にカメラを向けた。運転手への花束贈呈後、中村仁思駅長の合図でそれぞれ出発。ホームから手を振り、見送る人たちの姿がみられた。府立工業高校のマンボウジャズバンドが、旧国鉄のキャンペーンソングになった「いい日旅立ち」などを演奏し、セレモニーに花を添えた。
 
 引退した183系は、福知山線と山陰線(一部)が電化開業した1986年秋に登場。その後、両線を走る電車特急の主役となり、約26年間活躍した。
 
 老朽化に伴い昨春から、同じく旧国鉄色の381系への置き換えが進められていた。16日からは381系と一昨年春に導入された新型287系との2車種での運行体制になる。
 
 昼過ぎに福知山駅に来た舞鶴市の会社員、道林勇一さん(39)は「きょうは最後の姿を見たくて休暇をとり、駆けつけました。ベージュとエンジの旧国鉄色で、デザインも良く、よく利用した電車です。今まですべての編成を写真撮影しました。引退を考えると寂しい」と別れを惜しんでいた。
 
 
写真=ファンらに見送られ中村駅長の合図で出発する183系(JR福知山駅)
 
【関連ニュース】
 ・旧国鉄の花形電車183系 鉄道ファン300人が見送る
 
 ・KTRのタンゴ・エクスプローラーも最終便
 
 ・さよなら183系 引退惜しみ福知山駅に写真続々
 
 ・北近畿初の電車特急183系が15日でラストラン

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ