WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年3月 8日のニュース

新年度予算(4):地域活性化−若者意識した新事業

0305oni.jpg
 福知山市は新年度予算で、若者向けの流行を取り入れた事業を展開し、地域活性化などに取り組んでいく。

■5月にスイーツフェスティバル■
 
 市内外に多くのファンを持つ福知山のスイーツを生かしたスイーツフェスティバル事業(事業費180万円)として、5月19日に市厚生会館で、市内の菓子店が集まるフェスティバルを開く。
 
 会場内には焼き菓子のほか、冷蔵ケースを設置し、生菓子も出品できるようにする。ロビーでは、イートインコーナーを設け、茶道部の高校生がたてた茶とともに、スイーツを楽しめるようにする予定。この事業では、スイーツマップ作りなどもする。
 
 婚活や若者の参加などを目的とした、まちなか若者にぎわいプロジェクト推進事業では、全国的にブームとなっている街コン(地域振興を目的とした街ぐるみのコンパ)などを基盤とし、市民団体が主体となって取り組む。
 
 市民団体が企画から手掛け、柔軟な若者の意見が反映できるようにする。市では、団体への交付金40万円を充て、協働でイベントに臨む。
 
■ゆるキャラなど集結しイベント盛り上げ■
 
 ゆるキャラ資源徹底活用による福知山活性化支援事業(事業費220万円)では、ドッコちゃん、酒呑童子、ゴーヤ先生など、市内のゆるキャラやご当地キャラがチームを作り、地域のイベントを盛り上げ、市外からの誘客を図る。
 
 昨年9月に観光友好都市提携を結んだ静岡県小山町との市民交流として「友好都市交流事業」(事業費45万円)に取り組む。小学生とその親を対象に、富士山の自然の雄大さを体験したり、金太郎生誕地の観光をしたりするツアーを検討している。
 
 また、まちづくりのアイデアを広く市民から取り入れようと、政策マーケティング(100人ミーティング)事業を実施する。無作為に選ばれた市民100人が集まり、子育て、福祉など福知山の課題について幅広く討論する。府北部・大学連携機構との連携プロジェクトで、意見のまとめや分析は大学が協力する。
 
 
写真=「ゆるキャラ資源徹底活用による福知山活性化支援事業」でチームを組むドッコちゃんたち
 
【関連ニュース】
 ・新年度予算(1):福祉−ソフト事業を充実
 
 ・新年度予算(2):教育―安全で快適な学校環境に
 
 ・新年度予算(3):医療・防災−市民の命を守る事業
 
 ・新年度予算(4):地域活性化−若者意識した新事業
 
 ・新年度予算(5):農業、観光−有害鳥獣対策に力

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ