WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年3月 1日のニュース

新学校給食センター完成 一日7千食を調理

0301kyusyoku.jpg
 福知山市問屋町に新しい市学校給食センターが完成した。現在ある市センターと三和町センターの老朽化に伴い、両センターを統合する形で新設。一日7000食分の調理が出来る規模で、床に水を流さず乾いた状態で調理する「ドライシステム」方式をとる。1日には竣工式があり、関係者らが出席し、完成を喜び合った。

 施設の主となるセンター棟は鉄骨造り2階建て延べ3545平方メートル。ほかに鉄骨造り平屋建ての配送車用車庫棟(472平方メートル)を設けた。工事費は約19億7000万円。
 
 センター棟は1階に洗浄、調理、切菜、下処理などの部屋を設置。食中毒の病原菌の増殖を抑えるため、温度を25度以下、湿度を80%以下に制御する空調を整備。エアシャワーを設けるなどして、安心・安全な給食の提供をしていく。
 
 2階には事務室、研修室、休憩室などを設けている。
 
 給食を配るのは旧市内の15小学校と6中学校、三和町内の3小学校と1中学校。4月15日から配食する。
 
 夜久野町のセンターは4月から2小中学校に、大江町のセンターはこれまで通り5小学校、1中学校に給食を配る。
 
 竣工式で松山正治市長は「新給食センターは最新鋭の機器を導入し、衛生、効率、環境面を重視した施設となっている。新年度から旧市内6中学校の給食を開始することによって、市立全小中学校の完全給食を実施することとなり、一層食育の充実、教育振興を図っていくことができる」とあいさつした。
 
 式後、出席者たちが施設内を見学。職員から説明を受けながら、真新しい調理室などを見て回った。
 
 
写真=調理室内を見て回る出席者たち(1日午前11時ごろ)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ