WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年2月28日のニュース

有害鳥獣の焼却施設を計画 福知山市が農村審議会で報告

0228nouson.jpg
 福知山市農村計画審議会が27日、市役所で開かれ、新年度の市の農林業施策について説明があった。林業振興施策では、有害鳥獣として捕獲したシカ、イノシシなどを処分する焼却処理施設の建設計画などが報告された。

 現在有害鳥獣として銃やわなで捕らえられ、殺処分されたシカなどは山地に穴を掘って埋めている。穴は一定の深さ、広さを掘ると補助金が出るが、市内では捕獲頭数が多く、作業に労力がかかり、環境面をみても適正な処理体制を整える必要性が出ていた。
 
 新年度は焼却処理施設建設の基本計画を立て、建設場所の選定を協議していく。市では近隣の市も使用できるような広域的な施設を目指しており、「有害鳥獣の捕獲をより進めていきたい」としている。
 
 農山村活性化施策では、農山村地域の空き家バンク事業の制度拡充も計画している。登録された空き家や住宅の建設が可能な空き地については、現在利用希望者へ情報を提供し、定住者の確保に努めている。
 
 新年度は、空き家バンクを通じての定住をより進めていくため、市外からの移住者と空き家所有者の間で成約した物件を対象に、家屋の改修費を補助。100万円以上の改修工事に対して2分の1を助成(上限は100万円)する。また固定資産税にかかわる補助もする。
 
 審議会には農林業関係者ら委員19人が出席。空き家バンク事業について、委員から「補助をより充実してほしい」「企業も空き家を利用出来るようにしてはどうか」などの意見が出ていた。
 
 
写真=新年度の市の農林業施策について協議した

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ