WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年2月27日のニュース

京都府北部5消防本部が合同技術訓練 広い福知山防災センター使い

0227syoubou.jpg
 福知山市消防本部(横山泰昭消防長)は26日、東羽合の市消防防災センター屋外訓練場で、舞鶴、綾部、宮津、京丹後各市の消防本部と合同で「消火活動技術訓練」をした。各署から4、5人でチーム編成する計8チームが参加し、消防技術を披露しあった。

 消火活動の技術を身につける訓練は日ごろから実施しているが、今回は防災センターができて広い訓練会場が確保できたことから、近隣市にも呼びかけて初の合同訓練を計画した。
 
 古旗悟・福知山消防署長が「合同訓練を通じて互いに刺激し合って府北部全体の消防力の向上につなげてほしい」とあいさつしたあと、訓練が始まった。
 
 火災の通報を受けた2階建ての木造民家の消火に向かうとの想定。各チームの隊員が、消防ポンプ車に乗り込み、信号機付きの交差点やクランク、方向転換するゾーンを、声を掛け合いながら慎重に走り、ホースなどを積んだ車両を使い、防火水槽から火災現場まで約60メートル区間を走ってホースを延ばした。
 
 ここで、さらに約40メートル分の長さのホースをつないで、防火服と空気呼吸器を付けた隊員が、燃える民家内に突入し、2階から地上に設けた火点に向けて放水した。
 
 互いの消防技術を向上させるための訓練であるため点数は付けなかったが、各署とも声を掛け合いながら本番さながらに機敏に動き、安全、確実に消火活動をした。市民らも見学に訪れ、静かに見守った。
 
 
写真=ホースなどを積んだ車を引き、防火水槽から火災現場に向かう隊員

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ