WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年2月16日のニュース

きれいな端切れで雛人形 丹波生活衣館で手作り講習会

0216hina.jpg
 端切れを使った雛人形の手作り講習会が福知山市内記一丁目の市丹波生活衣館で15日にあり、参加した女性24人が完成した作品にうっとり見とれた。

 生活衣館には、使われなくなった着物や端切れが持ち込まれる。美しい柄が多く、これらを生かそうと、昨年から年1回の講習会を開いている。
 
 受講申し込みの受け付け開始後すぐに定員に達し、キャンセル待ちが出るほどの人気ぶり。今年ようやく受講できたという人、遠方の京都市内からやってきた人もいた。
 
 人形の着物部分になる端切れは、講師の丹波生活衣振興会の女性会員たちが事前に整形して準備。受講者は気に入った柄の布を手にし、裁縫などをして手のひらサイズのかわいらしいお雛さまとお内裏さまを作った。
 
 京都市左京区の松岡慶子さんは「近くに教えてもらえるところがなくてやってきました。うまくできました」と喜び、受講者同士の会話も「あなたの模様いいわ」「ずっと飾りたいわね」と盛り上がっていた。
 
 指導の中心になった振興会の大志万雅子さんは「女性はいつまでも女の子。お雛さまは特別なんですよ」と目を細めた。
 
 
写真=完成した雛人形にうっとり

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ