WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年2月 8日のニュース

踏切におばあさん! 列車止めた成美高生にJRが感謝状

0208kyushutu.jpg
 JR福知山線の踏切内で倒れていたおばあさんを救出した福知山成美高校(福知山市水内)の生徒2人が7日、JR西日本福知山駅の中村仁思駅長から感謝状を受けた。迅速で適切な行動が、大きな事故を未然に防いだ。
 

 救出したのは、普通科の小寺伸一君(2年)=丹波市=と商業科の由利智久君(1年)=行積=、近くを通りかかった男性の計3人。
 
 5日の午後4時ごろ、下校のため、自転車で堀簡易郵便局近くの踏切を通りかかった小寺君が、線路の上でおばあさんが倒れているのを発見。「何とかしなければ」と、居合わせた男性と協力し、救出しようとしている最中に、運悪く警報器がなり、遮断機が下り始めた。
 
 小寺君はとっさに緊急停止ボタンを押し、電車は100メートルほど手前でストップした。
 
 このあと、近くにいた由利君に「手伝って」と声をかけ、おばあさんを踏切の外へ誘導した。おばあさんにけがはなかったという。
 
 校長室で中村駅長から2人に感謝状が贈られ、中村駅長は「緊急停止ボタンを押すのは勇気がいると思いますが、よく行動してくれました」とたたえた。
 
 小寺君は「あのときは、無我夢中でした」と振り返り、由利君は「感謝状を頂けると思っていなかったので、びっくりしています」と喜んでいた。
 
 
写真=おばあさんを救った小寺君(左)と由利君に中村駅長から感謝状が贈られた
 

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ