WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年2月 1日のニュース

バナナ1000本届いたよ! 大正小にベルマークのキャンペーンで

0201banana.jpg
2本ずつ持ち帰る
 
 ベルマークを集めている学校を対象にしたバナナプレゼントキャンペーンに、福知山市水内の大正小学校(坂本幸彦校長、384人)が当選し、約1000本のバナナが届いた。31日に朝礼で全校児童に披露され、1人2本ずつ持ち帰った。

 ベルマーク運動は、協賛企業の商品の包装紙などに付いているマークを集めることで、1点あたり1円がベルマーク預金となり、学校の備品が購入できる。
 
 大正小は10年以上前からベルマーク運動に取り組み、昨年2月には通算50万点を達成し、財団から感謝状を受けた。
 
 バナナキャンペーンは、運動協賛企業の生鮮青果物輸入・販売業者、スミフル(本社・東京都渋谷区)=旧住友フルーツ=が実施している。大正小PTA庶務部のメンバーが、協賛企業のホームページをチェックしていて、偶然これを発見。応募したところ、全国20校の枠に当選し、学校に贈られることになった。
 
 事前に庶務部の保護者が2本ずつ袋に小分けしたり、31日の朝礼に向けて、体育館にバナナタワーを作って披露する準備をした。それを見た児童たちはびっくりするとともに大喜び。午後の下校前に、各クラスで配った。
 
 余った分は、近くの大正幼稚園にもおすそ分けし、みんなで喜びを分かち合った。
 
 1年生の白石陽登君は「とってもうれしい。早く家に帰って食べたいです」と、バナナを手に満面の笑顔を見せていた。
 
 
写真=たくさんバナナが届き大喜びの児童たち

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ