WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年1月25日のニュース

債権放棄訴訟で京都地裁 福知山市長らに20万円支払い命じる

 福知山市が水道料金などの徴収業務を怠り、債権放棄したことで市に損害を与えたとして、前市議が債権管理者の松山正治市長ら市幹部5人に対し約1000万円の損害賠償を請求するように求めた住民訴訟の判決が24日、京都地裁であった。瀧華聡之裁判長は一部の請求を認め、市長が市長本人ら3人に対し、約20万円を市に支払うよう求めることを命じた。

 市は2010年3月、市債権管理条例に基づき、水道やガス料金、生活困窮者への貸付金など約8200万円の私的債権を放棄。原告側は「督促や強制執行などを怠ったことは違法」、被告側は「『特別の事情があると認める場合』は強制執行などを行わなくても債権管理に違法はない」などと、それぞれ主張していた。
  
判決では、放棄した債権のうち2件(約20万円)について、「消滅時効期間が満了しているかどうか確認できないのに、漫然と決裁した。債権放棄できる場合でないのに放棄したことについて、少なくとも過失が認められる」とした。
 
 提訴した荒川浩司・前市議は「債権管理がずさんにされていたことに憤りを感じる。一部認められたことに対し、市には重い責任がある」と話している。
 
 一方、松山市長は「市の一部敗訴の判決が出されたことについては、判決文が届いていないため、届き次第対応を検討したい」とのコメントを発表した。

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ