WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年1月20日のニュース

ノルディックウオーク(2) リハビリや介護予防にも効果

0101nor5.jpg
 ポールを持って歩くノルディックウオーク。リハビリや介護予防にも良いとされる。社団法人全日本ノルディック・ウオーク連盟の公認指導員、西端宏一さんが運営するデイサービス事業でも採り入れている。体験したお年寄りたちの中には、姿勢が伸び若さを取り戻している人もいるという。

■福知山で体験会■
 
 昨年11月3、4両日には福知山市内でノルディックウオークの体験会が開かれ、それぞれ多くの人たちが参加した。
 
 3日に開かれた大江山と市街地2コースでの体験会には約20人が参加した。初めての人も多かったが、西端さんと、福知山市役所職員で同連盟公認指導員の岡野天明さん(55)が講師となり、ポールの使い方、歩き方などを教えた。
 
 大江山は急な坂道が多かったが、ポールが「杖」替わりになり、登山の手助けになったという参加者もいた。平地の市街地ではポールの突き方にも慣れ、参加者たちは自分なりの歩き方を身に付けていた。
 
 3日の体験会に参加した同市土の畠中俊郎さん(62)は「ポールを使うと、普段のウオーキングより楽に歩けます。楽しいスポーツなので、ぜひ始めたい」と話していた。
 
 ノルディックウオークで体を動かす楽しさを覚え、次のスポーツや運動へのステップにつながれば−と西端さんは望んでいる。
 
 

写真上=ポールを使っての準備運動を教える西端さん(左)
写真下=おしゃべりをしながら歩くと、有酸素運動にもなる

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ