WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年1月18日のニュース

京都府警6署合同で検視訓練 災害時の初動能力向上に

0118kenshi.jpg
 震災などで多数の死者が出た場合に、迅速な検視作業ができるようにと、京都府北部で初の「多数死体検視訓練」が17日、福知山市の市厚生会館で行われた。府警本部刑事部の捜査第一課・鑑識課と警察医のほか、南丹以北の6警察署から刑事課員約50人が参加。初動対応能力の向上を図った。

 講師は府警本部捜査第一課の吉野明彦検視官。東日本大震災の支援で宮城県石巻市に出向き、実際に検視をした経験などをもとに、遺体収容から埋葬許可証の交付までの流れを詳しく説明した。
 
 訓練では、受付や検視官役などを福知山署員らが担当し、遺体の身元が判明しているケースと分からない場合に分けてシミュレーション。
 
 死因の特定などをする検視では、吉野検視官から「身体特徴は必ず写真を撮影しておくこと」などと教わり、頭にたたき込みながら、丁寧に作業をこなしていた。
 
 訓練には福知山市危機管理室や市消防本部からも、約10人が駆けつけた。
 
 またこの日は、福知山署内で署員避難、電力確保供給、被留置者緊急移送、署警備本部機能移転の各訓練も行い、署員たちの危機管理意識を高めた。
 
 
写真=ポイントを確認しながら検視訓練に取り組む警察官ら

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ