WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年1月10日のニュース

110番の日にちなみ、おまわりさんがテレジア幼稚園で劇

0110sungeki.jpg
 「110番の日」(1月10日)にちなみ、福知山署は9日、福知山市岡ノ上町の聖テレジア幼稚園(加藤彰子園長、93人)で、110番の正しいかけ方などを教える寸劇を披露した。

 市内の幼稚園などを回り、毎年行っている。寸劇のタイトルは「ナナちゃんのおつかい」。今年も同署地域課の10人が、ウサギやオオカミの着ぐるみを着て芝居をした。
 
 園児らは、分かりやすい寸劇に夢中になり、110番の正しいかけ方のほか、知らない人の車には乗らないこと、危ない目に遭った時は「こども110番のいえ」に駆け込むことなどを学んだ。
 
 このなかで、知らない人にはついていかない(いか)、知らない人の車に乗らない(の)、おおきな声で呼ぶ(お)などを組み合わせた身を守る標語「いかのおすし」の説明も聞いた。
 
 高橋直太郎君(6)は「とってもおもしろかった。知らない人には、ついていかないようにします」と話していた。

■スーパー店頭でも広報活動■

 また10日には、東堀のバザールタウン福知山店で、110番と警察相談専用電話(#9110)の適切な利用を呼びかける広報活動をした。
 
 飛田崇地域課長は「110番は回線が限られており、相談や要望などの緊急を要しない場合には、警察相談専用電話を利用してほしい」と話している。
 
 
写真=寸劇で「いかのおすし」について教える福知山署員

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ