WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年1月 8日のニュース

血液不足解消に強力援軍 屈強な自衛隊員ら次々献血

0108jieitai.jpg
 冬場の輸血用血液不足の解消にと、今年も陸上自衛隊福知山駐屯地の隊員たちが8日朝から、「100リッター献血運動」に取り組んでいる。8年前から続けており、人海戦術で協力している。

 輸血用血液は長期ストックができず、常に一定量を確保する必要があるが、寒い冬場は献血する人が少なく、在庫が一番落ち込む時期。その手助けにと、陸曹でつくる福知山駐屯地曹友会(梅原紀夫会長)が呼びかけて、1人400ミリリットルで250人、計100リットル以上を目標に献血運動を実施している。
 
 2009年には301人から採血して府内1会場あたりの歴代最高記録を更新するなど、福知山駐屯地は府内最大の献血協力団体になっている。
 
 8日は午前7時30分から午後5時までで、業務や訓練の合間をみて屈強な隊員たちが次々に3台の献血バスに乗り込んでいる。
 
 献血をした隊員たちは、NPO法人献血と骨髄バンクの和を広げる会の個人ボランティア6人が準備したぜんざいを食べて力を取り戻し、再び持ち場に戻っていった。
 
 梅原会長は「『献血でつながる命の絆』をキャッチフレーズに、地域に少しでも役立てるようにと活動しています」と話していた。
 
 
写真=笑顔で献血する隊員(8日午前9時ごろ)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ