WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2013年1月 4日のニュース

ひと足早く正月の成人式 修斉地区公民館で恩師らが二十歳を祝福

0104seijin.jpg
 福知山市下豊富地区の成人式が、成人の日(14日)に先駆けて3日、拝師の成和コミセンであり、地区内の新成人が恩師や地元の人たちの祝福を受け、大人の仲間入りをした。

 新成人が集まりやすい正月三が日に祝おうと、修斉地区公民館が毎年催しており、今年で32回目になる。
 
 対象は1992年4月2日から93年4月1日までに生まれた71人。このうち41人がスーツ姿などで出席し、あちこちで再会を喜び合う姿が見られた。
 
 式辞で田辺正明館長は「二十歳になると、責任や義務が課せられる。判断力をしっかりもち、コミュニケーションの輪を広げてほしい。母校の修斉小学校の校訓『真面目に働き、世のために尽くせ』を忘れずに頑張ってほしい」と激励した。
 
 田中定行・修斉地区自治会長会長が祝福の言葉を述べたあと、来賓の小中学校時代の恩師や地元の人が「感謝と希望を忘れずに」「絆を大切にして」などと1分間スピーチをし、新成人たちが聴き入っていた。
 
 新成人代表の大学生、向山飛馬さんは、二十歳を迎えることができた喜びを伝え、一昨年発生した東日本大震災からの復興など不安をぬぐえない心境を語る一方で、「地域のみなさんの励ましやご指導で、これからの時代を担う者としての自覚を持ち、力強く生きたい」と誓い、大学生の前田佳寛さんがお礼の言葉を述べた。
 
 
写真=誓いの言葉を述べる新成人代表の向山さん

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ