WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年12月28日のニュース

年賀状仕分けピーク 福知山郵便局460人で24時間態勢

1228nenga.jpg
 年の瀬も押し迫り、福知山市北本町一区の福知山郵便局(点得吉彦局長)では、年賀状の仕分けがピークを迎えている。郵便区分機をフル稼働し、アルバイトを増員して24時間態勢で作業に追われている。昨シーズンは、東日本大震災の影響で、被災地方面への差し出しを控える傾向がみられたが、今シーズンは例年並みに戻ると予想している。

 福知山郵便局は、京都府内の拠点局の一つ。郵便番号の上2桁が「62」にあたる亀岡以北を管轄して、出入りする郵便物を仕分けしている。
 
 年賀状の引き受けは15日から始まり、仕分けは20日ごろから本格化。年末の短期アルバイト220人余りを雇い、社員や長期アルバイトを含むと総勢約460人で24時間態勢を組み、作業をしている。
 
 年賀状などを満載したトラックが各地から次々に着くと、人海戦術で向きをそろえ、さらに郵便番号が不明瞭なものを除く。その後、1時間に5万枚の郵便番号を読み取る精度の高い区分機に取り込み、配達地域ごとに分ける。区分機は普段より2台多い5台を使い、フル稼働させている。
 
 今シーズンは、市内分では約197万枚を引き受け、そのうち元日に約155万枚を配達できる見込み。市外分を含めると、取り扱い総数は約1500万枚になると予想している。
 
 点得局長は「差し出された年賀状のなかには郵便番号を間違えたり、枠からはみ出ているものもあって、それらは手作業での仕分けになります。早く届けることができるよう、正確な記入と早期差し出しに協力をお願いします」と呼びかけている。
 
 
写真=区分機での仕分け前に年賀状をそろえるアルバイトの人たち

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ