WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年12月26日のニュース

巳年待ちかねて? 12月なのにヘビと次々遭遇

1226hebi.jpg
 この寒い中、ヘビが次々と−福知山市夜久野町大岶の飯尾恒洋さん(69)が、師走になってからも地元の田んぼなどで、相次いでヘビに遭遇している。「普通なら冬眠中。来年の巳年を待って、早く目覚めているのでしょうか」と不思議がっている。

 大岶地区は山間部で、市内では雪が深いところ。今年も12月になってから何度か積雪があった。そんな中で、中旬以降も山の斜面や田んぼで体長30センチ−50センチほどのシマヘビを2度目撃していた。
 
 3度目は22日午前8時30分ごろ、愛犬の散歩中に、まだ雪が残る田んぼに黒っぽいヘビがいるのを見つけた。近寄ってみると体長1メートルほどのカラスヘビだった。気温は2、3度。近づいても動く気配はなかった。
 
 ヘビは冬の間、地中に潜って冬眠する。冬眠に入るのは平均的に11月下旬で、目覚めるのは3月下旬という。
 
 飯尾さんは「天敵に掘り出されたような跡もなく、比較的暖かくなった日に、春の訪れを感じて出てきたのかな」と首をかしげる。「近年、暖冬のせいか、自宅の敷地内で真冬にフキノトウが顔をのぞかせるなど異変が多い。相次ぐヘビとの遭遇も奇妙な現象ですね」と不思議がっていた。
 
 
写真=散歩中に田んぼの雪の上で見つけたカラスヘビ

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ