WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年12月25日のニュース

消火栓や防火水槽の除雪に協力を 市消防本部が呼びかけ

1218syoukasen.jpg
 道路や公園などに埋設してある地下式の消火栓や防火水槽。火災発生時にホースをつなげて消火活動に使う。道路上に、目印となる蓋があるが、福知山市消防本部は市民に対して、消火活動に支障がないよう、蓋の上の除雪作業と、かいた雪を置かないことへの協力を呼びかけている。

 市内には消火栓1933基、防火水槽660基がある。積雪時に火災が発生した場合、消防隊は消火栓や防火水槽の位置を特定してから雪かきをし、消火活動にあたる。
 
 特に消火栓は道路端にあることが多く、かいた雪が蓋の上に置かれていることもあるという。
 
 そこで、万一に備えて平常時から雪が積もった日は、消防職員が除雪作業をしている。雪の多い日は一日中作業している場合もあるが、限られた人員ではすべての設置場所を回ることができないという。
 
 福知山消防署警防課の大槻久人課長は「今年は雪が積もる時期が早く、厳冬と言われていて雪が多いかもしれません。消火活動が少しでも早くできるように協力をお願いします」と話している。
 
 
写真=雪が積もる日には職員が雪かきをする

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ