WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年12月18日のニュース

ビーチバレー:福知山成美高2年の石坪さん 日本代表強化候補選手に

1218ishitubo.jpg
 福知山市水内の福知山成美高校2年生、女子バレーボール部の石坪聖野選手(桃映中出身)が、ビーチバレーの日本代表強化候補選手になった。プロや大学生も参加したトライアウトを抜けて高校生の合格者は一人。目標の世界へ大きく踏み出す。

■プロや大学生も参加する中、高校生でただ一人選ばれる■

 トライアウトは日本バレーボール協会が11月に実施した。女子はプロ(フリー含む)、アマの約30人がエントリーして、1次書類審査をプロ5人、大学生1人、高校生2人が通過。2次の実技・面接に進み、最終合格者5人が決まった。
 
 小学2年生でインドアを始め、ビーチをやろうと成美高に進学した石坪選手。最初はインドアとの違いに戸惑ったが、ビーチにどんどん引き込まれて練習に熱を込めた。
 
 世界を意識し始めたのは高校1年の夏。高校全国大会のマドンナカップで、大会史上初の1年生ペアとして8強入りを果たした後に「世界と戦いたい」との思いが沸き上がった。
 
 それでも、強化候補選手に選ばれた時には喜びよりもびっくりが先行した。「最初はあまり実感がなかったけれど、日増しにうれしくなりました」
 
 トライアウト実技でプロや大学生たちとペアを組んだ。「レベルが違う。一緒にペアを組んでやりやすかった。私もそうなりたい」。日本代表への壁を感じながらも先を見据える。
 
 強化候補選手事業は年明けに始動し、練習会、合宿に参加でき、国際大会に派遣される。「まずは練習でしっかりとアピールして、世界で戦えるように力を伸ばしたい」と闘志を燃やす。
 
 成美高の松田英人監督は「正直なところ驚いています。しかし、評価をいただけたということは世界で戦えるチャンスを手にしたということ。これから代表の座をかけて熾烈な戦いになるが、毎日の練習を素直に頑張れる選手なので、まだまだ伸びる」と期待する。

■成美高OGの山本成美選手も■

 代表強化候補には、昨春に福知山成美高校を卒業してプロ入りした山本成美選手も選ばれた。
 
 
写真=日本代表強化候補に決まった石坪選手

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ