WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年12月17日のニュース

衆院選:京都府北部の課題もしっかりと 谷垣氏「安定した政治」へ決意

1217tanigaki.jpg
 第46回衆院選が16日投開票され、京都5区では自民前職の谷垣禎一氏(67)が8万7879票を獲得し、連続11回目の当選を果たした。「政権奪還」を掲げ臨んだ自民が全国的に圧勝。谷垣氏は自民への追い風に乗りながら、党総裁などの要職を歴任したこれまでの実績を掲げて戦い、他の3候補に大差をつけた。5区の小選挙区の投票率は前回より10・76ポイント低い63・34%で、投票者数は16万705人だった。

 福知山市厚中町の谷垣氏の事務所では、支持者ら約100人が詰めかけ、圧勝での11選を喜び合った。
 
 各市町で開票作業がまだ始まっていない午後8時3分に、テレビで谷垣氏の当選確実の報道がされると、事務所内に大きな拍手が沸き起こった。
 
 祝勝会は事務所前の駐車場で開かれ、最初に多賀久雄事務長が勝利宣言。井上重典副事務長の音頭で万歳三唱した。祝いに駆け付けた松山正治福知山市長は「何としてももう一度総裁になってもらい、この地から総理大臣を出さなければならない。由良川、国道などの問題がたくさんあるので、府北部に予算をつけていただきたい」と述べた。
 
 谷垣氏は「今回また公明党と一緒に政権を担うことが出来るようになった。選挙運動中に約束した外交、日本経済の立て直しをして、府北部の課題にもしっかりと対応したい。今後は謙虚に、初心を忘れず、安定した政治をつくりあげたい」と決意を語った。
 
 
写真=11選を果たし、支持者らとバンザイを繰り返す谷垣氏
 
【関連ニュース】
 
 ・衆院選:実績と抜群の知名度で谷垣氏が11選
 
 ・衆院選:福知山、京都府とも比例第2党は維新
 
 ・衆院選:京都5区の開票終わる 谷垣氏圧勝
 
 ・衆院選:保守の牙城・京都5区で谷垣前総裁が11回目の凱歌
 
 ・衆院選:雪とも戦う京都5区 候補者ら防寒着にカイロ
 
 ・衆院選:「人の多い場所へ」走る 最初で最後の日曜日
 
 ・衆院選:期日前投票始まる 福知山の一番乗りは大学生
 
 ・衆院選:きょう公示 京都5区に4党候補立つ
 
 ・衆院選:あす公示 京都5区は4党から立候補予定
 
 ・衆院選:ポスター掲示場設置始まる 福知山は452カ所
 
 ・衆院選:京都5区で事務所開き相次ぐ 公示控え臨戦態勢着々

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ