WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年12月13日のニュース

福知山の市民救命士が男性の命救う 園部消防署が感謝状

1213kyumei.jpg
 福知山市の市民救命士講習を修了した旭が丘の吉田哲二さん(67)と西岡町の乾盛夫さん(75)が12日、南丹市園部町の園部消防署で、人命救助に大きな貢献をしたとして中川能季署長から感謝状を受けた。10月下旬に京丹波町の府立丹波自然運動公園で、心肺停止状態になった京都市在住の男性(78)に、2人で力を合わせて適切な措置をして命を救い、社会復帰させた。

 2人は民生児童委員を務めていた時などに、吉田さんは3回、乾さんは1回、福知山市消防本部が行っている普通救命講習を受け、市民救命士の資格を取得している。
 
 同じシニアソフトボールチーム「京都ビッグマウス」に入り、府立丹波自然運動公園を拠点に京都府内の8チームでリーグ戦をしている。10月下旬にも試合に参加し、自分たちのゲームが終わって、他チームの試合を観戦している時だった。キャッチャーをしていた京都市内の男性が、フライを受ける際に倒れ、見る見るうちに顔が青白くなった。
 
 バックネット裏付近にいた2人は、「倒れ方が不自然でおかしい」と直感。駆けつけて容態を確認すると、心肺停止状態に陥っていた。周りの人に救急車の出動要請を依頼する一方、胸骨圧迫と声掛けを交代で続け、到着した救急隊に引き継いだ。
 
 その場で救急隊によるAED(自動体外式除細動器)を使った処置が施されると男性は息を吹き返し、意識を取り戻した。5日間の入院後、社会復帰し、今は普段通りの生活をしており、福知山市にも救命への感謝の気持ちを伝えるために訪れたという。
 
 2人は「講習で覚えた蘇生法を生かすことができて、良かった。男性が助かってほっとしています。チームの他のメンバーにも、機会を見つけて講座を受けるように勧めたい」と話していた。
 
 中川署長は「2人の冷静な判断で、講座で学んだ胸骨圧迫による心肺蘇生をされ、生命の危機状態だった男性を救うことができた。救急車が到着するまでの適切な処置が肝心。感謝しています」と喜んでいた。
 
 吉田さんは、3年前にも福知山市内で心肺蘇生による人命救助をし、市消防本部から感謝状を受けている。

■普通救命講習を延べ1万4833人受講■

 福知山市消防本部によると、市内の普通救命講習は1996年に始まった。11年度末で、約890回開き、延べ1万4833人が修了しているという。
 
 「講座内容は5年ごとに見直され、2006年からはAEDの操作の指導も取り入れている。今まで複数回受講した方は約2割。3年ほどの間隔で再受講し、救急技能を向上させてほしい」と呼びかけている。
 
 
写真=感謝状を受けた乾さん(左)、吉田さんと中川署長

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ