WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年11月30日のニュース

国産漆を守る全国の人たちが産地の夜久野に集まり交流

1130urusi.jpg 丹波漆の産地、福知山市夜久野町でこのほど、漆の講演会が開かれた。良質の国産漆を守っていこうとする全国の人たちが集まり、知識を広めながら交流をした。

 NPO法人丹波漆(岡本嘉明理事長)が府地域力再生プロジェクトの助成を受けて開いた「うえるかむまつり」で、夜久野高原・農匠の郷を会場に講演会と交流会、作品体験、漆の植樹をした。
 
 講演会は元東京国立博物館研究員の北川美穂さんがブータンの漆工芸について、福知山市やくの木と漆の館職員の小野田さやかさんが中国の漆採取方法について話した。
 
 小野田さんは「漆を科学する会」が昨年行った現地調査に参加し、四川省の山深い採取地を訪れて技法などを実際に見てきた。日本国内でも産地によって採取(漆かき)技法は少しずつ異なるが、中国では使う道具、傷の付け方とも大きく異なっていたことなどを報告。実際に体験してみた感触や採取した漆の保管状況、質についても紹介した。
 
 また北川さんはブータンの民族衣装を身にまとい、現地の人びとの暮らしを紹介しながら、標高が高く陶磁器ができなかったことや豊富な森林資源に恵まれていることなど、ブータンの漆文化の背景を含めて講演した。
 
 会場には漆芸作家や京都漆器青年会、府仏具協同組合青年会、芸大や専門校の若い人たちも多く訪れ、参考にしていた。
 
 
写真=現地で調べ体験してきた中国の漆採取について報告する小野田さん

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ