WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年11月 1日のニュース

福知山の自然遺産を冊子に 市民から情報提供444件

1101tyosa.jpg
 福知山市は、後世に残したい動植物や景観など「福知山の自然遺産」をまとめる作業を進めている。今春、市民から寄せられた情報をもとに現地調査し、来年度を目標に冊子にして発行する。

 「天然記念物等総合調査事業」として、貴重な動物、植物、地質、地形、景観を自然遺産とし、このうち市指定文化財(天然記念物)にふさわしいものは登録し、保全することにしている。
 
 今年4、5月に市民から、「素晴らしい、珍しい、残したい、守りたい」と思っている福知山の自然を募集。常緑広葉樹・スダジイ(ブナ科)の巨木がある▽日本一小さなトンボとして知られるハッチョウトンボを目撃した−などの情報が444件寄せられた。
 
 そのなかから希少種の動物やこれまで知られていなかったものなどについて、市自然科学協力員らでつくる市天然記念物等総合調査実行委員会(事務局・市教育委員会生涯学習課)のメンバーが、4班に分かれて現地調査を実施。木なら胸高周囲を測ったり、動物の場合は存在を確認したりしている。
 
 担当課は「全国的にも珍しいと思われるものも情報提供いただきました。引き続き情報を募っています」と話している。
 
 情報提供は電話0773(24)7065の生涯学習課へ。
 
 
写真=10月31日には大江山のブナ林などの調査をした

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ