WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年10月25日のニュース

フレッシュバザール福知山東野パーク店開店

1025higasinopark.jpg
 総合小売業のさとう(本社・福知山市上紺屋町、佐藤総二郎社長)の大型商業施設「フレッシュバザール福知山東野パーク店」が、25日朝に開店した。市内東野町に建設したもので、投資額は4億5500万円、年間売り上げ目標は11億5000万円としている。

 新店舗の近くで1983年から営業してきた「フレッシュさとう前田店」の土地の賃貸借期間の満了を迎えるのを機に、府道福知山綾部線沿いの好立地に新築移転し、サービスの拡大を図ることにした。
 
 店舗から半径3キロ圏内に2万749人、8841世帯が住む(2010年)。周辺地域は、過去5年間で人口が3・7%、世帯数が8・9%それぞれ増加し、市全体では人口が減少傾向にあるなかで有望地域のひとつだという。
 
 東野パークは敷地面積1万998平方メートル、店舗建物の床面積は1474平方メートル。売り場面積は982平方メートルあり、旧前田店の約1・8倍で、駐車台数は118台増の177台分を確保、30台分の駐輪場もある。営業時間は従来と同じ午前8時から深夜0時。
 
 併設テナントは牛丼などの「すき家」(11月9日オープン予定、24時間営業)のほか、クリーニング、コインランドリーが出店。京都銀行、京都北都信用金庫、ゆうちょ銀行のATMを設置した。
 
 新店では、約6840品目をそろえる。同社の同規模店より5%減らして短時間で買い物しやすいよう配慮するほか、生鮮食品を充実させ、地元農家栽培の地場野菜コーナーの新設、店内加工による鮮魚の鮮度アップ、精肉の品ぞろえ強化などを図るとしている。店内調理の弁当にも力を入れる。
 
 他店でも導入している店内外の照明のLED使用、扉付き冷凍ケース使用による冷却効率アップなどを取り入れ、環境保全と節電に貢献する。
 
 
写真=開店した「フレッシュバザール福知山東野パーク店」(25日午前8時ごろ)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ