WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年10月13日のニュース

京都府立工業高校が50周年 式典やコンサートで祝う

1013shikiten.jpg
 石原高時代から数えて、今年で創立50周年を迎えた福知山市石原の京都府立工業高校(田中邦明校長、537人)は12日、同校体育館で記念式典を催した。全校生徒のほか、歴代校長ら多くの来賓が出席して節目を祝うとともに、今後の更なる発展を誓い合った。

 前身の石原高校が1963年に開校し、90年には府立工業高校に校名を変更。これまでに、1万1500人を超える技術者を輩出してきた。
 
 式典へ向け、卒業生らで組織する石原高・府立工業同窓会(白波瀬均会長)が、初めての同窓会報を発行。会員への周知を図ってきた。
 
 生徒たちも、式典までの日数を表示するカウントダウンカウンターを製作し、機運を高めたりするなど、関係者らが一丸となって準備を進めてきた。
 
 式典は、国歌や校歌斉唱のあと、田中校長が式辞。「これまでの卒業生は、国内だけでなく、海外でも活躍している。生徒のみなさんは、この伝統の重みをしっかりと受け止めて、立派に歴史の創造者に成長してほしい」とエールを送った。
 
 このあと白波瀬会長のあいさつなどがあり、生徒会長の野々垣克哉君が「未来の日本を支える存在になることを誓います」と、エールに応えていた。

■記念講演やモニュメント除幕■

 式典終了後には、同校OBによる記念講演や「ゆめにむかって」と題したブロンズ製モニュメントの除幕式、ジャズ奏者のMALTAさんとマンボウ・ジャズ・バンドによる記念コンサートなどもあった。
 
 
写真=田中校長の式辞に耳を傾ける生徒や来賓ら

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ