WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年10月12日のニュース

京都初、女子生徒が旋盤2級に合格 府立工の内海有紀子さん

1012senban.jpg
 福知山市石原、京都府立工業高校(田中邦明校長)の女子1人を含む生徒4人がこのほど、難関の機械加工普通旋盤2級(国家資格)に合格した。女子生徒がこの資格を取得するのは、府内で初めてだという。

 受験したのは、機械プランニング科3年の内海有紀子さん、蛭勝行君、小林遼威君、曾根洋陸君で、全員が合格した。試験は学科と実技があり、特に実技は3時間以内に課題図を見ながら鉄の丸材を旋盤で旋削加工するというもので、高い技術が求められる。
 
 受験者の大半が社会人と専門学校生という今回の試験でも、半数しか合格しなかったほどの難関。4人も「100分の1ミリ単位での精度が要求されるので、時間内で寸法通りに作るのに苦労した」と振り返る。
 
 しかし、夏休みも返上し、試験日まで大槻明正教諭(41)からみっちり指導を受けながら、2カ月かけて特訓を重ねた努力が実り、本番では「緊張したけど、うまくいった」という。
 
 みんなで助け合って試験に挑み、4人は「全員が受かってよかった」と、喜びをかみ締めている。4人とも技能職で就職が内定しており、内海さんは「今回の経験を生かして、男性にも負けないような技能士になりたい」と、今後の夢を話す。
 
 同校では、2008年度からこの資格に挑み続けており、これまでに府内の高校で合格した生徒15人のうち、13人が同校の生徒。今回の試験では、3級にも生徒10人が合格した。
 
 
写真=合格を喜ぶ内海さんら

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ