WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年10月 4日のニュース

福知山警察署では鑑識作業も 六人部中2年が職場体験学習

1004kanshiki.jpg 福知山市多保市、六人部中学校(岩瀧弘和校長)は3、4両日、職場体験学習をし、2年生69人が市内の事業所に出向き、働くことの大変さや楽しさについて学んだ。

 同校では、将来の進路の参考になればと、毎年2年生を対象に職場体験を実施している。今年は、ホテルロイヤルヒル福知山やヤマト運輸、光保育園など19事業所に出向いた。
 
 昨年に引き続き、福知山署も生徒4人を受け入れた。3日には、生活安全などの各課やパトカー、白バイなどを見学後、指紋や足跡痕の採取を体験した。
 
 足跡痕の採取は鑑識のスペシャリストである刑事課鑑識係長が指導し、同署の廊下を専用のライトで照らし、足跡を探すところから始めた。足跡を見つけた生徒たちは、順番に特殊なシートを床に貼り付けて採取。成功すると、うれしそうな顔で自分のシートを眺めていた。
 
 似顔絵作成の体験もあり、モデルの男性の顔を2分ほどで記憶したあと、描き方のコツを教わりながら、丁寧に仕上げていた。
 
 4日は市街地などで交通安全や犯罪抑止の啓発活動。通行人にチラシを配ったり、模擬パトロール体験などに挑戦したりした。
 
 福井彩音さんは「警察官の仕事に興味があり、福知山署を選びました。鑑識体験では、指紋がくっきり確認できて、びっくりしました」と貴重な体験を喜んでいた。
 
 
写真=足跡痕の採取を体験する生徒

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ