WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年9月28日のニュース

電車に乗ってマナーを勉強 三岳小学校の児童が「旅育」

0928tabiiku.jpg
 JR西日本福知山支社は、小学生を対象に、駅の見学や特急の体験乗車をしてもらう企画「旅育(たびいく)」をしている。27日には、福知山市一ノ宮、三岳小学校(大槻信弘校長)の1、2、3年生児童9人が参加し、山陰線最大規模の福知山駅を見学後、和田山駅まで列車で往復し、利用方法や乗車マナーを学んだ。

 福知山駅コンコースに集まった児童たちは、支社社員の説明を受けながら、2005年秋に高架駅が開業し、すべての人が利用しやすいようにバリアフリー化が進められた構内を歩いた。
 
 券売機が、車いす利用者でも使いやすいように高さが改善されていること、トイレ前には視覚障害者の利用を考えて男女用が区別できるように音声案内装置を設けていること、階段には高さが違う2段の手すりが付いていることなどを聞き、熱心にメモをとっていた。
 
 このあと、エスカレーターでプラットホームへ。「列車が来るのを待つ時は一列に並んで待つ」「車内の座席には、荷物はひざの上に置いて座り、多くの人が座れるように心がけること」「列車内では携帯電話をかけないように」「ゴミは車内に放置しない」などと乗車マナーを学んだあと、普通電車に乗り込んだ。
 
 35分の車窓を楽しんで到着した和田山駅では、点字ブロックや信号機の仕組みを教わったあと、一昨年に導入された新型の287形特急電車で帰福した。
 
 旅育は今年で3年目。道徳や公共交通機関についての学習につながるため、申し込みが多い。今年は19日から、支社管内の20校を受け入れ、11月上旬まで続ける。福知山市内は4校。10月に美鈴、天津、庵我の3校が参加する。
 
 
写真=福知山駅ホームで、電車に乗る前に乗車マナーを学ぶ児童

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ