WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年9月20日のニュース

「エリア限定を」などと異論、景観条例案を継続審査に 福知山市議会委員会

0920keikan.jpg
 福知山市議会文教建設委員会は19日、市が9月定例会に提案した「市景観条例案」について、慎重な審議が必要だとして、全会一致で継続審査とすることに決めた。

 市は今年8月、良好な景観を形づくるため、一定規模以上の建物を建築する際、市への届け出を義務付ける「市景観計画」を策定。条例案は同計画を実施するためのもので、来年4月1日の施行をめざしている。
 
 景観計画の区域は市全域で、「自然景観保全ゾーン」「市街地ゾーン」「ふくちやま景観重点ゾーン」の3つに分類。建築物の高さ、外壁や屋根の色彩などに基準を設け、一定規模以上の建築物の新築、改築、移転の際には市への届け出を義務化。基準に適合しない場合は助言、指導ができるとしているが、罰則規定はない。
 
 文教建設委員会の会合では、委員から「拘束力がなく、効果があるのか疑問だ」「計画区域はエリアを限定して、一定の地域だけにした方が良いのではないか」などの意見のほか、本会議の質疑でも「将来の福知山の発展規制につながるのではないか」と異論が出ていた。
 
 
写真=福知山の景観を守るためとして提案された景観条例案は、継続審査になった(前田、川北上空から市街地・福知山城方面を望む)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ