WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年9月11日のニュース

女子硬式野球全日本選手権で成美高が3位に 学生・クラブチームと戦い

0911seibi.jpg
 福知山市水内、福知山成美高校女子硬式野球部が、愛媛県でこのほど開かれた伊予銀行杯第8回全日本女子選手権大会で3位入賞した。大会には先のワールドカップ優勝の日本代表選手を有するクラブや大学も出場した。成美高は過去3度の出場で最高の成績を収めた。

 全国30チームの予選リーグを抜けた上位10チームに、昨年優勝、準優勝チームを加えた計12チームで決勝トーナメントを戦った。
 
 予選を2戦2勝、得失点差で3位通過の成美は、決勝トーナメント初戦の2回戦で埼玉のクラブチーム・ハマンジを1−0で下し、初の決勝トーナメント1勝を飾った。
 
 続く準決勝は先のワールドカップ優勝メンバーを複数有する東京のクラブチーム・侍と対戦。シーソーゲームで6回を終えて4−4の激戦を繰り広げたが、最終7回に2点を奪われて力尽きた。
 
 2009年の創部当初の部員は2人。小さなスタートだったが、その後は年々部員が増えて、今では70人を超える大所帯(現3年生含む)に。切磋琢磨しながら部員たちが成長して、チームは全日本大会上位に食い込むまでに強くなった。
 
 成美チームを率いた3年生の松本知佳・元主将は「準決勝まで行けてすごくうれしかったけど、もう一歩が足りなかった。決勝に行きたかった」と悔しさをにじませる。
 
 長野恵利子監督は「よくやったと思う」とねぎらい、「日本代表選手たちと戦ったことはきっと今後のプラスになる」と、チームの更なる成長に期待した。

■オール成美は全日本クラブ選手権に出場■
 
 また、成美大、成美高の混成にワールドカップ日本代表の里綾美・成美高コーチが加わってクラブチームで登録するオール成美は、予選2位の成績を残し、10月に千葉県である全日本クラブ選手権の出場権を獲得した。
 
 
写真=3位入賞した成美ナイン

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ