WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年9月 3日のニュース

2学期始まる 緊急対策施した通学路歩き児童ら登校

0903tugakuro.jpg
 集団登校中の児童らが、突っ込んできた車にはねられ死傷した5月の亀岡市での交通事故を受け、各地で通学路の見直しや安全対策が行われている。福知山市でも夏休み中に、国や府によって通学路の緊急対策が進められた。2学期初日の3日は、児童たちが、通学路を知らせる看板が立ち、路側帯の白線が引き直された道路を通って登校した。

 福知山で安全対策が必要とされた場所のうち、国土交通省福知山河川国道事務所が管轄する国道9号では、上川口小学校区など10カ所、府中丹西土木事務所が管轄する府道では、精華小学校区の山東大江線など17カ所で、それぞれ緊急対策が行われた。
 
 市道は市が学校から聞き取り調査し、危険な場所を精査して、これから安全対策を実施していく。
 
 佐賀小学校区内の府道は白線が引き直されたり、通学路を知らせる標識が設置されたりした。
 
 高田真也校長は「狭い場所があり、通学路の一部を変更しました。地域や見守り隊の人たちが学校と一緒に通学路を再点検していただき、感謝しています。学校としては子どもの安全意識を高めていきたい」と話していた。
 
 地域の人は「ドライバーの安全運転の意識を高めることも必要」と話し、まだまだ安心できないと感じていた。
 
 
写真=白線が引き直された道路を歩く児童たち(3日午前7時50分ごろ、佐賀小学校近くの府道)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ