WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年9月 1日のニュース

空手の全日本少年少女選手権で優勝 山桜会・藤田るり選手

0901karate.jpg
 福知山市の日本空手道山桜会所属の天津小5年、藤田るり選手が、このほど東京武道館で開かれた第12回全日本少年少女選手権大会の小学5年女子組手競技で優勝した。3年生の時に優勝しており、連覇を目指した昨年は準優勝に終わったが、稽古に励んで2年ぶりに全国一の座に着いた。

 全日本空手道連盟が主催する小学生の一大大会で、都道府県予選を勝ち抜いた選手たちが集まった。
 
 小学5年女子組手は89人でトーナメント戦を繰り広げ、藤田選手はシードされて2回戦から登場。体重制限がなく、最初の相手との身長差は20センチ以上あり、いきなりの正念場となった。
 
 大きなリーチ差に初戦の硬さもあって一時はリードされたが、ペースをつかむと得意の中段突きなどでポイントを重ねて一気に逆転した。
 
 ここから波に乗って、決勝を含む残る5試合中4試合は6ポイント連取のストレート勝ち。相手の攻めの間合いを切る素早い中段突きを軸にした技が冴え、圧倒的な強さで王者に返り咲いた。
 
 この1年、今大会の優勝を目指して稽古に励んだ。喜びは大きく「すごくうれしかった」。決勝で勝利の宣告を受けた瞬間には涙がこぼれた。藤田選手は「次の目標は来年の優勝」と、改めて連覇を狙う。
 
 山桜会の藤田進二会長は「稽古にひたむきで、日々の努力が実を結んだ。テクニック的には申し分なく、メンタル的にも強くなった。よく頑張りました」とほめた。
 
 
写真=全国一になった藤田選手。得意技は中段突き

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ