WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年8月26日のニュース

平清盛、五輪の三宅選手も 個性的なかかしズラリと夜久野町才谷

0825saitani.jpg
 福知山市夜久野町才谷の府道沿いに、住民が手作りした個性的なかかし11体が並んでいる。NHK大河ドラマで放映されている「平清盛」、ロンドン五輪の重量挙げで銀メダルを獲得した「三宅宏実選手」などを表情豊かに仕上げており、通行するドライバーらの目を引いている。9月中旬まで展示する予定。

 才谷は兵庫県と接する山間の地区で、16世帯に33人が暮らす。一番若い人が30歳代で、高齢化率は67%と高い。
 
 かかし作りは、限界集落を活気づけようと、地元の有志でつくる「才谷元気の出る会」(衣川豊代表、9人)が、3年前から、市の助成を受けて取り組んでいる。
 
 毎年、趣向を凝らして取り組んでおり、今年は道路沿いに約50平方メートルの休耕田を借りて、昨年より広い展示場所を確保。会員が作ったかかしを、8月下旬に都会から帰省した若者の手助けを受け、22人で飾った。
 
 かかしはほかに、力士3人による「横綱土俵入り」、農具を手にした農家の人、福知山踊りの踊り手なども。軸となる木の棒にスポンジ、わらなどで体の肉付けをし、古着や浴衣を着せている。
 
 頭は発泡スチロールや木を利用して成形し、着色している。年々腕が上達し、躍動感あふれる作品も多い。山の水を引き、かかしと同じように有害鳥獣を追い払う思いを込めて、ししおどしも作っている。
 
 
写真=平清盛や土俵入りする横綱などの作品が並ぶ府道沿い

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ