WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年8月20日のニュース

親子でオリジナルの妖怪づくり 鬼の交流博物館でワークショップ 

0820onihaku.jpg
 福知山市大江町仏性寺の日本の鬼の交流博物館(塩見行雄館長)で、プログラマーでCGアーティストの妖怪絵師・三日月電波さん=福岡市=によるワークショップがこのほど開かれた。市内外から親子6組約20人が集まり、オリジナルの妖怪づくりを楽しんだ。

 博物館では三日月さんの作品展「妖の園」を開催中で、それに併せて子どもたちを対象にしたワークショップを企画した。
 
 参加者たちは、三日月さんが手掛けた妖怪の絵の好きなパーツに色を塗って切り取り、自由に組み合わせ、自分だけの妖怪を作っていった。
 
 三日月さんがそれぞれのテーブルを回り、「カラフルですね〜」「きれいに塗ってくれてありがとう」などと作品を見て話しかけると、子どもたちは照れくさそうに笑みを見せていた。
 
 お母さんと妹と一緒に参加した、舞鶴市の高野小学校6年、松本和海さんは「可愛い妖怪にしたくてピンクにしました。いろいろなパーツを組み合わせて作るので楽しい。三日月さんにほめられてうれしかった」と笑顔を見せた。
 
 最後に名前を付けてみんなに紹介した後、それぞれ大切に持ち帰った。
 
 
写真=三日月さん(右)に教わりながら色塗りをする子どもたち

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ