WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2012年7月27日のニュース

仲間を信じ熱い戦いを 全国高校女子硬式野球選手権が開幕

0727jyosiyakyu.jpg
 女子高校生球児たちの日本一を決める第16回全国高校女子硬式野球選手権大会が27日、兵庫県の丹波市立スポーツピアいちじまで開幕した。近年最多の10校(連合含む)による熱い戦いが始まった。

 丹波市、全国高校女子硬式野球連盟が主催して、両丹日日新聞社などが後援する。
 
 午前8時30分から開会式があり、プラカードと団旗を先頭に各校選手がきびきびと入場した。
 
 あいさつに立った大会会長の辻重五郎・丹波市長は「男子は甲子園、女子はここ丹波市でと大きな大会になった」と喜び、「今年は全国から二ケタの参加があり意義深い。チーム一丸で素晴らしいプレーを」と力を込めた。
 
 選手宣誓は蒲田女子の遠藤実茄子主将。全チームの団旗を背に「10チームが参加して例年以上の熱い戦いになります。仲間を信じ、正々堂々戦うことを誓います」と元気いっぱいに語った。
 
 27日から29日までは3グループに分けた予選リーグを行い、3チームのリーグは上位1チーム、4チームのリーグは2位以上が決勝トーナメントに進む。
 
 29日までは1日4試合を予定しており、28、29両日は第1試合が午前9時から始まる。順調に進めば準決勝が30日午前10時からと正午から。決勝は31日午前10時から。
 
 予選リーグ分けは次の通り。
 【A】日南学園、福知山成美、蒲田女子
 【B】愛知高校連合、丹波高校連合、埼玉栄
 【C】花咲徳栄、神村学園、駒沢学園女子、京都両洋
 
 
写真=出場全10チームの団旗を背に選手宣誓する蒲田女子の遠藤主将(27日午前9時ごろ)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ